なんだかんだ東洋医学[陰陽の巻2]

新幹線から奇跡の一枚

こんにちは。
鍼灸大仙堂代表の山本克仁です。
東洋医学のことを、自由に思いつくままに綴っていきたいと思います。
(一社)北辰会の正式な見解ではない場合もありますのでご注意下さい。

今回は、〝陰と陽〟についての二回目です。
WHOが挙げている陰陽の定義を説明する上で
重要なポイントの一つ

陰と陽は、常に変化し続けている状態

というものがありました。
今回はこの点について、もう少し掘り下げましょう。

言い換えると
固定的な静止画ではなく、動き続けている動画
と捉えて頂くと理解しやすかったですよね。

春夏秋冬などの季節は常に変化し続けています。
生物はこの世に生まれ、成長し、老いていき、形を崩していく。
あなたの恋心も、、、変化していきます。
そして、夫婦関係も、、、
これは、変化させてはなりません。
いやいや、そんなことはないですよね。
常に変化し続けております。
モチロン良い意味で(かなり主観的ですね)。

すいません。
話が反れました。
陰陽といえば、この図です。

太極図

太極図(たいきょくず)と言います。

白と黒の勾玉が重なり合っている感じ。
白の部分が陽、黒の部分が陰を表しています。

また、白と黒の勾玉が
時計回りに回転している図でもあります。
この回転している状態が
陰陽の絶え間ない運動変化=常に変化し続けている状態
を表しているのです。

水の変化を思い浮かべてみて下さい。
水蒸気から水へ、水から氷へ、またその逆も然り
温度によって、質が変化していく中
その所在も、上に行ったり下に行ったり
一定であることはないですよね。

森羅万象
天地間にある一切の事象は
形を変えながら、グルグルと巡り続けているわけです。

と言う訳で
今回は最後にこの歌で締めくくりましょう!

「川の流れのように」
作詞:秋元康 作曲:見岳章

知らず知らず 歩いてきた
細く長いこの道
振り返れば 遥か遠く
故郷が見える
でこぼこ道や 曲がりくねった道
地図さえない それもまた人生
ああ川の流れのように ゆるやかに
いくつも 時代は過ぎて
ああ川の流れのように とめどなく
空が黄昏に 染まるだけ

生きることは 旅すること
終わりのない この道
愛する人 そばに連れて
夢探しながら
雨に降られて ぬかるんだ道でも
いつかはまた 晴れる日が来るから
ああ川の流れのように おだやかに
この身をまかせていたい
ああ川の流れのように 移り行く
季節 雪どけを待ちながら

ああ川の流れのように おだやかに
この身をまかせていたい
ああ川の流れのように いつまでも
青いせせらぎを 聞きながら

美空ひばりカッケー!
秋元康スゲー!
This is yin and yang!

続く。

[鍼灸大仙堂代表 山本克仁]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です