二十四節気 小暑

こんにちは😊
本日、二十四節気が夏至から小暑へと移りました
小暑とは”梅雨があけ、夏の暑さが本格的になってくる頃”を指します

とは言え、今日も1日雨模様
この雨もしばらく続きそうですね
大難が小難に、小難が無難になってくれればと思います

雨に関する諺で
“雷が鳴れば梅雨があける”
という言葉があるようです
この激しい雨の終わり頃
大きな雷とともに、梅雨の終わりを伝えてくれるのでしょう

長雨が続くとお体に不調が出てくる方もおられると思います
降ったりやんだりしてくれればまだ良いのですが
長く雨が続くと、天気と同じように体もどんより停滞しがちです
そして、外のジメジメした湿気に反応して、体の湿気も助長されてしまいます
梅雨に入って足が浮腫みがち、なんて人もおられるのでは(…私です😅)
なので、このようなときには
体の湿気を増やしてしまいがちな
甘いもの🍰はすこし控えめにして
水はけをよくしてくれる食べ物…豆類やとうもろこし🌽などを食べて
養生してみるのも良いですね

そして今日はもうひとつ
7月7日と言えば、七夕ですね🎋
私は短冊を書き、無病息災を願い、そうめんにオクラを添えていただきました☆彡
あとは夜空を眺めるだけです🌌
毎年この時期は雨でなかなか天の川を拝むことはできません
小さい頃は織姫と彦星の心配をしたものですが
雲の上はいつも晴れているので大丈夫ですね

良い七夕の日をお過ごしください🌝

米田友紀

私は小暑の頃になると…、沢に行きたくなります。

“二十四節気 小暑” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です