二十四節気 秋分

 2021年の「秋分」は9月23日。国民の祝日にもなっているので、みなさんご存知の日ですね。二十四節気では、一年間を24節に区切って第16節目が「秋分」にあたります。立春(2月3日~)から数えて、もう一年の3分の2なんですね。  

 秋分は昼夜の長さがちょうど同じくらいになり、これからは少しずつ昼間の時間が短くなります。日暮れが早くなってくるとなんだか気ぜわしくなりますね。 自然界の陰陽のバランスも陰>陽となっていきます。  

鍼灸大仙堂の窓から見る古墳。空が秋っぽくなってきたような。。。(9月22日撮影)
古墳の足元というか、古墳の手前の阪和線レール沿いに彼岸花!!(9月22日撮影)秋分らしい風景!
阪和線の車窓からみた空。まだ夏の余韻も。。。(9月22日撮影)

 この時期の養生として、昨年の鈴木先生の秋分のblogでも紹介されていましたが、 肺や体を潤す作用のある食べ物を取る事を私もオススメしたいと思います。 

 秋に旬をむかえる柿、銀杏、木耳、青梗菜、、落花生などが体を潤す作用を持っています。  

 ブログでオススメするからには私も食べてみなくては。。。と柿、をいただきました。

 は熱を収めて、のどの渇きを解消してくれる性質があります。  

 東洋医学的には、以下の働きも期待できるようです。  

【生津潤燥】唾液の生成を促進、乾燥した体を潤す  

【清熱化痰】毛細血管の循環障害を改善  

【除消渇】 糖尿病の症状を改善

 ただし、は「寒性」の働きをもつため、普段から冷え性で、よく腹痛がある方には残念ながらあまり合いません。まあ、どんなタイプの方でも食べ過ぎは要注意です(^_-)-☆   参考文献:梁晨千鶴著『東方栄養新書』メディカルユーコン

 最後に ♪梨のおやつ♪ をご紹介します。  

もう2回もつくりました♪

 普通、生でいただくことが多い梨ですが、生姜・黒胡椒(ホール)・水で煮ると、これまたスパイスのさわやかな辛みと梨の自然な甘味でとっても美味しくなります。冷やしていただいても美味しいですが、胃腸の弱い方だと冷やさずに食してみてくださいね。

【鍼灸大仙堂治療家:熊本 和】

お月見(十五夜)

こんばんは👋
本日はお月見です!しかも台風後のため日中も晴天、絶好の秋晴れでしたね🌞

ではでは、お月見に関して。

お月見とは、1年の中で最も空が澄みわたる旧暦8月、
明るく綺麗な月を眺める行事のことで、「十五夜」🌛とも言います。

もともと十五夜は旧暦の8月15日でしたが、
旧暦と新暦には11日間の時間のズレ、一定ではない月齢周期(約15日周期)のため、
必ず15日、かつ満月!と合致した日となることは少ないみたいで、、、

でも今日は満月なんです!!

十五夜は、別名「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」とも呼ばれ、
秋🍂の真ん中に出る月という意味があります。

  

実は?”ちゅうしゅう”の名月には2通りの表現があるのをご存知ですか?

「中秋の名月」と「仲秋の名月」

旧暦では、7、8、9月を秋の季節とし、7月初秋、8月仲秋、9月晩秋と定めていました。

つまり、仲秋とは8月のことなので、「仲秋の名月」は「8月の名月」という意味。
一方、中秋とは、秋のちょうど真ん中の日(旧暦8月15日)のこと。

そのため、十五夜の時は「中秋の名月」

  • 仲秋の名月・・・8月の名月
  • 中秋の名月・・・秋の真ん中の名月 ←今日はこれ
こんなん見れるかなぁ

ほかにも旧暦のこの時期は芋類(里芋、さつまいもなど)の収穫時期でもありましたから

「芋名月」🍠

とも言われています。

元来平安時代に月を愛でる文化、習慣が中国より平安貴族に広まり、江戸時代には庶民の間に広まり、秋の収穫、豊作に感謝するという意味でも行われました。

この時期より、芋類が旬を迎える。。。
滋養、滋潤、強壮、健胃、健脾etc…

旬のものってホンマ理に叶っている効能が多いなぁと思います。
上記の単語の意味は、簡単に言うと夏の疲れを取りながら、冬への備えをしてくれる。

っても今の時代は飽食、高栄養価、かつ生活環境はモノとお金でどうとでもなる時代。
手の加えられたものが多いですね。
そんな私は最近無添加野菜を取り入れてます(詳しくは大仙堂治療家へ)。

本物ってやはり、変に水分多かったり、味が単一であったりしないんですよねぇ🍽

さて話を戻して
お月見といえば団子🍡、ススキ🌾。

 

なぜ団子なのか?それは・・・

十五夜が穀物(お米)の収穫時期に重なっていたため、お米の粉で月に見立てて作った団子を供え、お米が無事に収穫できたことに感謝し、次の年の豊作を祈願し、

月に見立てた団子を食し、月の力を分けてもらい、健康と幸せを得ることができると信じたからだそうです。

これは出来立てがうまい

なぜススキ(芒)なのか?それは・・・

諸説色々らしいですが、豊作を模した稲の代わりに飾られたのが始まりとか。

上述にあるようにこの時期はすでに稲は収穫されているため、稲に似ておりかつこの時期に生い茂るススキを飾ったのが有力!

蒼き衣を纏いて金色の。。。。

とまぁ、長々と書いておりますが四季、行事を通じて自分が今どの位置にあり、どう行動せねばならないか、というの感じさせてくれるのが古来からの行事ですね。

今やイベントといえば、単に楽しむ、飲み食いだけ〜などなど、
少し?本来の意味と逸脱した形になってます。

こういう事に気付かせてくれる、考えさせてくれる事に感謝しながら
今夜は月を眺めたいと思います。

※あくまでも個人の見解なのでご了承を😁

良い、お月見を〜🎑

[治療家 矢野慎也]

今週のお花

トクサ
フォルモーサ
カラー
バラ
カーネーション
ユーカリ
モンステラ
ベビーハンズ
こんにちは😊
今週も素敵なお花が届きましたので
ご紹介いたします

トクサ
フォルモーサ
カラー
バラ
カーネーション
ユーカリ
モンステラ
ベビーハンズ

いつも珍しいお花でアレンジメントを作ってくださいますが
今週は幾何学模様のような三角形が目を惹きました
"トクサ"を適当な長さで折って
アレンジしているみたいです

トクサは和のイメージだったので
洋の雰囲気のお花と自然と合わせられていて
面白いなぁと思いました

「トクサ」
表面がザラザラしているため
昔から木工品や爪を磨く"天然のヤスリ"として
親しまれてきたことから
トクサ(砥草)と名付けられたそうです

それにしても、トクサの先端がつくしとよく似ているなぁと思い
調べてみると…

つくしはトクサ科の植物で
おまけに、スギナとつくしは同じ植物だそうです!
そうだったんですね
知りませんでした…😅
今回も新たな発見があり楽しかったです

◎本日のまとめ
トクサ・つくし・スギナはすべてトクサ科の植物
つくしとスギナは同じ植物の別の部位
(スギナは栄養茎という部位)
(つくしは胞子茎という部位)

以上、私の興味のままに進んでしまったブログとなりました
最後までお読みくださってありがとうございました😊

米田友紀

今週のお花💐

いつも大仙堂ブログをお読みいただきありがとうございます✨

大仙堂治療家 池田玲子です🌱

空気が澄みわたり、青空が高く広がる爽やかな季節。 秋ですね🍁

まだまだ暑さは残りますが、風が心地よい大好きな季節です❣️

今週も、大仙堂にオシャレなお花が届きました💐

今回は、珍しいグリーンのトルコキキョウが印象的なアレンジです。

今年のオリンピックで、メダリストに贈られる「ビクトリーブーケ」に福島県産の淡い緑色のトルコキキョウが使われて話題になったそうで、お花屋さんいわく、今回のアレンジはオリンピックブーケをイメージして作られたそうです😊

様々なグリーンの中に、ピンクと紫がバランス良く配置されていて、とても心が落ち着き、ずっと眺めていたくなるような癒やし系アレンジですね🌿✨                      

         

 ビクトリーブーケ

                        

                       

今回のお花は、、、

トルコキキョウ

バラ

アゲラタム

手まり草

ドラセナ

ハラン

セファランサス

トルコキキョウ

アメリカテキサス州が原産のリンドウ科の植物。

種はホコリのように小さいですが、花は八重咲きや大輪など様々で、フリルのような花びらが美しく人気の高い花です。

原産地がトルコではないのに「トルコ」が付き、キキョウの仲間ではなく「リンドウ科」です。

これは、花の形がトルコ人のターバンの姿に似ているからだとか、元々の花の色(紫)がトルコ石の色だから、、など、いろんな説があります😁

バラ

毎週、様々なバラの花がアレンジに含まれていて目を楽しませてくれています🌹

今回は、淡いサーモンピンクの上品なバラです✨

アゲラタム

和名を「カッコウアザミ」と言い、さわやかな深みのある紫とふんわりとした姿が魅力の花です。

丈夫で花期が長いため、花壇やコンテナなどでの利用も多く人気のある花です✨

手まり草

初めて見た時、「マリモ?!」と思ってしまいました😆

ナデシコ科の植物で、緑のふさふさした部分は、雄しべや雌しべと花びらが変異したものだそうです。

熱帯を中心に生息している常緑樹で「幸福の木」とも呼ばれ、初心者にも育てやすく室内で楽しむ観葉植物として、大変人気があります。

開花する種類であるにもかかわらず、めったに花が咲かないという、ちょっぴりミステリアスな植物でもあります🌱

ハラン(葉蘭)

日本の九州地方が原産のキジカクシ科の多年草です。

お寿司やお弁当の中にプラスチック製の緑の葉っぱのような形のものが入っていますが、本来はこの本物の「ハラン(バラン)」を料理の仕切りに使います🍣

セファランサス

北米産の落葉低木で、若木のうちから開花する品種です。

茎の先端に3〜4cmの丸い白い花を咲かせますが、蕾は金平糖(こんぺいとう)のような形で、花はまるで花火がはじけたようなとても可愛らしい姿です💕                          

                             

                  

       

真夏の暑さが終わり、涼しくなって過ごしやすいはずなのに、体がダルい・首肩がこる・食欲がないなどの不調を感じる人も多い時期です。

こんな夏バテのような症状の原因に、

・急な気温の変化

・朝夕の寒暖差

・夏の過度な冷房の使用

・夏の疲れの蓄積 など、

原因はいろいろだと思います。

可能な範囲で、

・軽い運動で汗をかく

・バランスのよい食事を美味しく食べる

シャワーで済ませず湯船に浸かる日をつくる

・寝る1時間前にはスマホやパソコンなどを見ない、腹式呼吸などで質の良い眠りにつけるよう心がける

など出来ることから、体調管理に目を向けられたらいいですね😉                 

 

     

                          

                      

 【治療家 池田玲子♪】          

2021大掃除完了!

タイトルをみて「え?この時期に?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、鍼灸大仙堂では年に一度の掃除は、年末ではなく、毎年9月にやっています。 今年は9月5日に実施しました。 窓を開け放っても、水で雑巾を絞っても、「寒い!」「冷たい!」がなく、かえって「気持ちいい~!!」ので、この時期の大掃除はおススメです。 壁、床、窓、カーテン・タオルなどリネン類、飾っている絵や置物?などなど、すべて心を込めてきれいにしました。 個々の物がきれいになっただけでなく、大仙堂の空気自体がリフレッシュ✨ このリフレッシュした空間で患者様をお迎えしていきます。 以下、大掃除の様子を秘蔵写真でご紹介いたします。

壁、天井など高いところを拭き清めた後は、床へ。 掃除機をかけた後、蜜ロウワックスがけ。大仙堂の床は無垢材なので、使い込み、時々ワックスがけをすると、どんどんいい味がでてくるのです!

蜜ロウは厚塗りをしないよう注意が必要~。スポンジで蜜ロウを塗りこんで、そのあと乾いた雑巾で磨いていくので、厚塗りだと雑巾がスルスル動いてくれません(^^;)

大掃除とランチタイム終了後はマスクをはずして記念撮影。前列の小さいカワイイ女の子は山本先生の5人目のお子さんではありません。念のため・・・(^_-)-☆

9月ですけど、新年の気分で、これからもよろしくお願いいたします!! 【文責 治療家:熊本 和】