二十四節気 立冬2022.11.7

こんにちは。大仙堂スタッフの鄭です😊

11月7日は二十四節気の立冬でした。立冬は二十四節気の19番目になります。

二十四節気は1年を4つの季節に分け、さらにそれぞれの季節を6つに分割しています。立冬は冬に分類されている節気のうち、最初にめぐってくるものなので、まさに冬の始まりですね。

冬は自然界では「万物の収蔵」休眠状態に入り、春からの活動に備える時期です。陰の気が最も盛んになります。陰のエネルギーは内へ内へと向かうので、動物の冬眠のイメージで、エネルギー、栄養分を消耗することは避け、「補い」「蓄える」ことを意識してゆっくり過ごしましょう☺️

話は変わりまして、この1週間は学びの1週間でした。

韓国釜山東義大学付属韓方病院教授によるお話を聞くことが出来ました。(10月30日)
1部では中国から天津中医薬大学准教授によるオンラインでの講義、2部では国際ウエルネス薬膳協会の先生の講演を聞くことが出来ました(11月6日)

色んな方との出会いにより、学びの機会を頂けたことに感謝です✨

講義内容ももちろん素晴らしく、有意義な時間でしたが、薬膳のお話や韓方(ハンバン)の養生法など、生活にすぐに取り入れれるお話も面白かったです♪♪

今日は443年ぶりの皆既月食、天王星食でしたね。皆さま、ご覧になられましたか?

スタッフ 鄭令子

This week’s flowers

今週のお花

今週のお花は8種類のお花が入っていました。

色合いが秋らしく、とても素敵なお花たちです🥰

さて、急に寒くなりましたね。

寒くなる前に大掃除を終わらせようと、休日の度に少しずつ進めています。昨日は本棚の整理をしました。本を全部出してホコリを払い、高さやジャンルも揃えて、スッキリしました😊

そこで、子供たちが小さい頃によく読んでいたお気に入りの絵本を久しぶりに見つけました!

大掃除の途中あるあるで、絵本を読み漁り、かなりの時間が経ってしまいました😅

その中でも、私も子供たちも長谷川義史さんの絵本が大好きで、何度も何度も読んだ記憶があります。

特に大好きなのは、“いいから いいから”シリーズ。クスッとと笑える中に、おじいちゃんのおおらかさに心がほぐれますよ!大仙堂図書スペースにもありますので、ぜひ、ご覧になって下さい😊

スタッフ 鄭 令子

二十四節気 白露

こんにちは。大仙堂スタッフの鄭令子です🎶

9月8日は二十四節気の15番目、白露でした。

白露は夜中に大気が冷え、草花や木に朝露が宿り始める頃です。日中の暑さも和らぎ始め、だんだんと秋の気配が深まってきます。

9月に入り、早朝のウォーキングを日課としていますが、湿度が低くなり、涼しい風が吹いて、とても気持ちがいいです。

今朝の朝焼けです。うろこ雲が秋らしいですね(*^^*)

「五行説」では秋は白とされており、秋のことを「白秋」ともいいます。ちなみに詩人の北原白秋が活躍した時代を「白露時代」と呼ばれているそうですね。

昨日は中秋の名月とも呼ばれる旧暦の8月15日ですが、韓国では「秋夕(チュソク)」といい、先祖に感謝し1年の豊作を祈る、旧正月(ソルナル)と合わせて二大名節のひとつです。前日から煎(ヂョン)やナムルなどのお供えする料理を用意し、当日は朝から墓参りに行ってきました。

子供の頃は平日でも学校を休んで朝から親戚一同集まって茶礼をしていました。

秋は肺の養生が大切といわれています。 この季節は、空気が乾燥して体内の水分が不足しやすいです。 山芋やれんこん、白きくらげ、白ゴマ、梨などの「白い食材」は身体を潤してくれます。 日々のお食事に取り入れてみてください😊

スタッフ 鄭 令子

This week’s flowers 20220804

スターチス、りんどう、カーネーション、ユーカリ、クレマチス、トルコキキョウ、てまり草

小さなクレマチス、どこにあるか分かりますか?バラと同じ時期に咲く花というくらいしか知らなかったのですが、夏に咲くもの、冬に咲くもの、また、大きさも種類もバリエーションが豊かな花だったのですね(^-^)

少し過ぎてしまいましたが、8月4日は2回目の土用の丑の日でした。韓国にも伏日(ポンナル)という、韓国版土用の丑の日があります。日本では鰻を食べますが、韓国では参鶏湯(サムゲタン)などの滋養食を食べる習慣があり、当日には専門店に行列ができたり、社食で出たりするそうです。

ポンナルは初伏、中伏、末伏と3日あり日本とは日にちも違いますが、続く猛暑に負けないように、簡単サムゲタンを作りました(^^)

高麗人参、松の実、クコの実、もち米、棗

小さい頃、父が風邪をひいたり、夏の暑い時期には、鍋を持ってお店に買いに行ったのを思い出しました(昭和…😅)布施のお店…。まだあるかなぁ。

スタッフ 鄭 令子